蛇は背後で私語く

本編

  1. いつかという言葉の中で
  2. 悪意の成れの果て
  3. 夏の華
  4. 市内心霊対策班 ・ 探索開始
  5. 開け放された手
  6. 消えた行方と欠けた日常
  7. 夜の影で哂うもの

番外短編

  1. 行く春の頃に
  2. ある少女の平均的な日常
  3. 白い夢
  4. 梅雨の候に
  5. 少女と少年の錯誤
  6. 年始挨拶
  7. 碧空

あらすじと、登場人物紹介

Outline

突然の別れ――。そして思わぬ形での再会を果たした、片思いの相手は、幽霊だった。
高校生活最後の夏休み。すれ違い続けたたくさんの気持ちが、忘れられない記憶を残す。

Character

杉野 弘貴 / スギノ・ヒロキ
主人公。基本的には平均的な少年、だったはず。
少なくとも見た目や運動神経は平均的。
なんだかんだいって母の育て方が良かったのか、ごく自然にフェミニスト。
真子に対して、えらく遠慮がちな片思いの真っ最中。
紙屋 真子 / カミヤ・マコ
口数が少なく独特なテンポを持った女の子。おそらく大人しい部類に入る。
晶とどっちを先に持ってくるかちょっと悩んだ。
神坂 晶 / カンザカ・アキ
気の強い優等生。自分を強い人間だと思いたいのに過呼吸持ちで、ままならない自分に苛立っている。
真子とは親友。あまり人付き合いが得意ではない。

Gift