はじまりは傘の街

Characters

ユラ・バレーノ (ユリエネ・リッテ・ベルシア)
神殿所属(仮)の魔工技師。ガンプリシオ市からの請負で街路灯の修繕に従事している。
天涯孤独。気が強いように見えるが、それがほぼ虚勢だということを自覚している。多分ツンデレ。努力目標的にツンデレ。
ログイット・キリク・ジルセス
元情報局保安部工作員。「治安を脅かす犯罪組織」への内部工作を任務としていたが、明らかに危険度の低い組織への武力制圧に抵抗してしまい、追われる身となる。基本は真面目な好青年。ドクターに匿ってもらい、お礼に大家の仕事を手伝うことに。働き者。掃除とか配水管のつまり直しとか庭仕事とか細々したことに気が回るので、大家としては実にいい拾い物。
ラルフ・ボイトン
ユラの住むフラットの大家。市営病院の勤務医。
とにかく背が高い。ちょっと腹周りが気になる初老の紳士。汚染被害の治療に参加していた。
ティティ・ユーラ・ジルセス
ログイットの姪っ子。当年8歳。愛されて育った子供の見本。そろそろこまっしゃくれてくる頃か。
エレイセル・ヒューズ・ジルセス
ログイットの兄。軍務局副局長。事務方のエリート。妻は王の遠縁で元軍医。
クランヘルム・ゼスト・アーネル
セシロトの第四王子。かつてのユラの上司。神殿の第一級指名手配犯。