*006

 ラクイラの美術は華やかでわかりやすく、色彩豊かなのが特徴です。

 この国の風土や気質をよく表しているといえるでしょう。ヴィーレあたりの、堅くて暗くて難解な――失礼、荘厳で意味深く抽象的なものに比べると、あまり芸術に理解のない私にも馴染みやすいです。きっぱり好き嫌いで判断できますから。

 賓客の来訪のため、いつになく厳重な警備が布かれたラクイラ王立美術館。
 リッダ・ラクイラ港の夜景を描いた大きな絵を前に、私は傍らに立つ王子へ訊ねました。

「で、どこが気に入らないんです? かなりの美人じゃないですか」
「胸がない」
「……なるほど。わかりやすい回答をありがとうございます」

 うんざりと返し、私はこめかみを押さえました。
 言われてみればフィフィナ姫の胸のふくらみは、華奢な体に釣り合った控えめなものではありましたが――あっさり答えるところじゃないと思います。本気で好みの問題なんですね。

 それにしても、あげつらえる欠点なんてそれくらいです。
 痩せぎすというわけでもないのですし、他の美点で十分補えるものだと思うのですが。

「……もしかして、あなたも王妃殿下のような女性がお好きなんですか?」
「母親をそんな目で見る趣味はないが」
「あったらますます反応に困ります。好みの話です」
「ああ……どうだろうな。細っこいのよりは丸いほうが好みだが、自分でもよくわからん」

 なんともいい加減な言い分です。それで弾かれたほうは堪ったものじゃないと思うのですが。

「まあ冗談だ。本気にするな」
「冗談ですか! 悪趣味ですよ!」
「半分くらいは本気だ」

 なんともたちの悪い。
 私は姫君に同情のため息を吐き、この話を切り上げることにしました。

「もういいです。むしろどうでもいいです。そろそろご事情の方をお聞かせ願えますか」
「聞く前に出て行っただろう」
「その通りですけど原因は誰でしょうね!」

 思わず顔を引きつらせて返すと、ギーはぽりぽりとこめかみの辺りを掻きました。
 顔立ちは端正ですが、そういった仕草に幼さを感じます。あちこち歩き回っているからでしょう、礼儀作法の教師が見たら悲鳴を上げそうなことを彼はちょこちょこやっていますが、不思議とそれがしっくりきてしまうあたりが困りものです。

「あれと結婚しろとあちこちから言われて困っている」
「すっとばさないでください。最初からです、最初から」
「最初か。半年前、フォーリから縁談の打診があった」
「ふむ」
「で、俺は断った。だが、大臣が揃いも揃ってえらく乗り気でな。いつのまにか行儀見習いだか留学だかで城に居着いている」

 えらい言われようです。かわいそうに。
 しかしそれにしても、なかなか面白い情勢です。フォーリはいろいろと問題も抱えている国で、ここ十年ほどあちこちと諍いを起こしているところ。ラクイラとの利害関係は少ないので、国際社会における味方を増やしたいという意図があるのでしょう。
 ラクイラとしても、姻戚となることで因縁をつけられる可能性を抑えられるなら上々です。フォーリはトラブルだけではなく、資源を多く抱えているので、交易中心のラクイラとしては悪くない縁談です。
 問題は、王子の個人的な好みだけ。しばらく馴染ませて情を芽生えさせようというのは、なかなかいい手です。うまく既成事実でもこしらえてしまえば完璧です。
 王妃はそれを憂えて猊下に助けを求めたわけですが、私がこの国の高官なら向かっ腹を立てているところですね。こっちは譲歩してやってるのにと。

「うーん……実際、悪くないと思うんですよね。美人ですし、気立てもよさそうですし、なにより人心を掌握する手腕がある。あとはあなたが食われなければいいだけです」
「何を言いたい」
「ぶっちゃけてしまえば、彼女で手を打つことも考えてはいかがですか? 彼女はいい王妃になると思いますよ」

 フィフィナ姫と一緒にいたお嬢さんがたは、話から察するにラクイラの貴族です。
 国から取り巻きを連れてきたわけではなく、たった半年で支持者を得て立場を確立しているのだから大したものでしょう。夫となる相手のことも理解しようと努力しているのがうかがえますし、逆に欠点らしきものが見当たりません。……胸以外は。
 私の率直な勧めに、ギーは憮然とした顔を見せました。

「俺は嫁に関しては譲る気がないぞ。俺が惚れた女で、俺に惚れてる女がいい」
「わがまま言わないで下さい。王族の結婚は政治ですよ」
「知ったことか。そんな小細工が何の役に立つ」
「……あのですねえ……」
「第一、王が不幸な国の民が幸福だと思うか?」

 うっかり、言葉を飲んでしまいました。
 良いか悪いかは別にして、私には思いつかない観点だったのです。
 平和で豊かな小国ならではの発想ですね。確かに下手な外戚を持つよりは――いや、そんな深い考えなどあるとは思えませんが。

「……政略結婚が必ずしも不幸に繋がる訳ではないと思いますよ。気持ち次第です。あと努力」
「そうだろうな。だが、俺の夢は、嫁を自慢し倒して新婚生活を惚気倒すことだ」
「アホですかあなた」

 思わずばっさり切り捨ててしまった私に、話はこれで終わりだとばかりギーが右手を振りました。
 しれっとした顔で乙女のような夢を語られても困ります。
 次の展示へいざなう彼を、私は呆れ混じりに見送りましたが――まあいいです。私がラクイラの盛衰に気を揉む必要はないわけですからね。内乱になるような火種とくれば別ですが。

 戦争で国どころか大陸が沈んだ暗黒時代ならいざ知らず、皇国が各国を支配下においているこのご時世では、外交に失敗したところで国が滅びることはありません。
 そういった意味で、彼の言葉も一理なくはないのです。

 ともあれ、猊下がこの縁談に多少の差し水をなさるとお決めになった以上、少なくとも相応の意思がなければ予定を変えることはできません。
 あの姫君は個人的にとても印象がよかったのですが……やむを得ないでしょう。

 私は一つため息を吐き、次の展示に向かいました。

 さて。

 芸術というものは愛でる者がいなければ意味がないとよく言いますが、その点、本日の来客は非常に申し訳ない鑑賞者でした。
 私もあまり芸術に造詣が深いとは言えません。ですが、飽きたと言ってはばからないのはこの国の第一王子です。それはまあ今年に入ってすでに十回近く来ているそうですから気持ちはわかりますが、立場をもうちょっと考えて口を開いた方がいいと思います。
 案の定、早々に眠たそうな様子をみせたギーは、欠伸をこらえながら言いました。

「それにしても、暇だな」
「あなたがここを選んだんでしょうに……」
「それでも暇は暇だ。飽きた。外に出るか」
「では護衛に許可をもらって来てください。もらえるものなら」
「撒くに決まっているだろう。ぞろぞろ兵を連れてパンを食いに行けるか」

 言いながら足を踏み入れた道の先は、奥まった行き止まりでした。その場所自体がキャンパスなのでしょう。空に続く階段が真っ直ぐ伸び、四方に風景が描かれています。
 なかなか面白い趣向ですね。鮮やかな空の青。白い煉瓦に影を落とす鳥。広がる景色の一歩手前。美しい夏を思わせる絵です。
 そちらに気を取られながら、私は呆れ声を返しました。

「……あれ本気だったんですか……って、うわ!」

 唐突に抱え上げられ、悲鳴を上げました。
 まるで小麦袋か何かのように私を肩に担ぎ、ギーはひどく機嫌のいい声で応じます。

「当然本気だ」
「ちょっと、ギー! 公式訪問なんですよ、大事になるでしょう!」
「問題ない。皆慣れている」
「慣れさせてどうするんですっていうか降ろしましょうよ!」
「暴れるな。落ちるぞ」
「あああもう何で言葉が通じないんですかあなたは……!」

 言い合う間にも、非常口を蹴り開けたギーは迷いなく走っていきます。
 大して立派でもない身体のどこにこんな力があるんでしょう。いろいろ諦めてぐったりしていたところに、後ろから、兵たちの慌てた声が漏れ聞こえてきました。

「あっ、殿下が……!」
「くそっ、やられた!」
「殿下が消えたぞ! 門を封鎖しろ! 一斑だけ私について来い!」

 ……どうも、王子に対するものとは思えないのはなぜでしょう。ほとんどサーカスから逃げ出した珍獣の扱いです。
 むしろ彼らに同情してしまいます。現状からの逃避であることは重々承知の上ですが。
 そろそろ圧迫された腹が真剣に苦しくなってきました。暴れる気力もなくぐったりしていた私は、ギーが窓枠に足をかけたのに気づいて顔色を変えました。

「待った! 窓は出入り口じゃないですよ!」
「落ちない落ちない。一階だしな。ちゃんと掴まっていろ」

 な、殴りたい。今ものすごく心の底から殴ってやりたいです!
 ひょいと植木まで飛び越えて見事に着地したギーは、ピイッという高い音に舌打ちしました。
 顔を上げれば、いつの間にか周囲には衛兵の姿。青い顔をした彼の従者も混ざっています。

「そこまでです。その方を解放していただきましょう、殿下」

 まるきり誘拐犯への台詞です。
 ギーはようやく私を降ろし、眼前に進み出た人物をつまらなさそうな顔で睥睨しました。
 かなり長身の男性です。厳しげな顔と岩のような体躯、剃り上げているのかそれとも禿げなのか、つるりとした頭。濃い緋色の衣服もあいまって、なかなか印象の強い人物ですね。

「……お前か、ガルグリッド。お前だとわかっていれば、もう少しうまくやったんだがな」
「お戯れがすぎますぞ。これ以上、考えのないことをなさらぬよう。その方がどれほど高貴なお方かおわかりか?」
「ああ。失礼した、星下せいか

 とか言いつつ無造作に私の頭を叩いたものだから、相手の鉄面皮が音を立てて引きつりました。
 勢い余って不敬罪でしょっ引いてくれることを期待したのですが、ガルグリッド卿は主筋への怒りを気力でどうにか押さえ込んだようです。ギーを無視して、私に深々と頭を下げました。

「大変失礼を致しました。星下におかれましては、次は人をお呼びいただければ幸いに存じます。なにぶん、行動の突飛なお方ですので」

 要するに、もうちょっと抵抗しろといいたいわけですか。いい度胸です。
 覚えておきましょうと外交用の笑顔で応じる私に、彼は無感動に続けました。

「お聞きしたところによれば、このたびはわが国へご静養にいらしたとのこと。王都では何かと気忙しくもありましょう。ロワーナ島には王家の別荘がございます。いかがでしょう、そちらでごゆるりと羽休めをなさっては?」

 ふむ。引き離し工作のようですね。表向きの訪問目的を逆手に取られました。
 どうやら彼も――いや、彼が、でしょうか。フォーリとの婚姻の推進者であるようです。
 となると、受けて立たないわけには行きません。私はにっこりと笑顔で返しました。

「お気遣いなく。確かにいささか驚きましたが……猊下がお気に召した南方の楽園を、私も楽しんでいくつもりですよ」
「然様ですか。では、お気変わりがございましたらいつなりと」

 思ったよりもあっさりと引いて、彼は周囲を取り囲む衛兵に目配せをしました。
 逃亡騒ぎもここまでです。
 笑顔のまま誘導に従い、私は憮然とした顔のギーに訊ねました。

「彼は大臣ですか?」
「ああ。うちの内務卿だ」
「え、びっくり。軍務卿じゃないんですか」
「軍にいたことすらないぞ。根っからの文官だな。体を鍛えるのが趣味らしいが」

 それでなぜ文官。
 よくわかりませんが、なかなか冷静で頭の回りそうな人です。神殿の第六神官長あたりの下にああいう人がいると面白いことになりそうなのですが。
 ラクイラにもああいう人がいるんですね。何よりです。

 なんだか、ちょっとわくわくしてきました。